KODAMA 利用規約

Kodama & Company, Inc. (以下「KODAMA」といいます) が提供するサービスの利用規約 (以下「本規約」といいます) は、KODAMAの様々なウェブサイト、SMS、API、メール通知、アプリケーション、ボタン、ウィジェット、広告、およびeコマースサービスを含むKODAMAの提供するサービス (以下「KODAMAサービス」といいます) と、本規約に関連するKODAMAの他の対象サービス (以下KODAMAサービスとあわせ「本サービス」といいます)、ならびに本サービスにアップロード、ダウンロードまたは表示される情報、テキスト、グラフィックス、写真、その他のマテリアル (以下、「コンテンツ」と総称します) にアクセスし、利用する場合に適用されるものです。本サービスへのアクセスと利用のためには、本規約に同意しこれを遵守することが条件となります。ユーザーが本サービスへアクセス、または利用した場合には、本規約に拘束されることに同意したことになります。

1. 基本条件

ユーザーは、本サービスの利用、投稿したコンテンツのすべておよびこれらによって引き起こされる結果のすべてについて責任を負います。ユーザーが本サービスを通じて送信、投稿または表示するほとんどのコンテンツは、デフォルトで公開され、本サービスの他の利用者によって閲覧可能となり、かつ、他社のサービスやウェブサイトを通じても閲覧可能になります。サービスによっては設定でご自身のコンテンツを誰が閲覧できるかを管理することができます。提供するコンテンツは、本規約に基づいて他の人たちと共有して差し支えないものに限定してください。

本サービスを利用できるのは、ユーザーがKODAMAと拘束力のある契約を締結することができ、かつ米国または適用ある他法域の法令によりサービスの使用を禁じられている者でない場合に限ります。特定の企業、組織、政府、その他の法人を代表して本規約に同意し本サービスを利用する場合、ユーザーは、そのような権限を有していることを表明し保証するものとします。本サービスを利用できるのは、本規約を遵守し、かつ適用ある地方自治体、州、国および国際的な法令その他の各種規則のすべてを遵守している場合に限ります。

本サービスは常に進化し続けており、その形態と内容は、ユーザーに事前に通知することなく随時変更されることがあります。またKODAMAは、ユーザーまたは利用者全般に対する本サービス (または本サービスの一部) の提供を (永久的または一時的に) 中止することができ、これをユーザーに事前に通知できない場合もあります。さらにKODAMAは、ユーザーに事前に通知することなく、いつでもKODAMAの独自の判断により利用と保存に制限を設ける権利を留保します。

本サービスには本サービス上のコンテンツや情報、本サービスを通じてなされる問い合わせやその他のあらゆる情報を対象としている広告が含まれる場合があります。KODAMAが本サービス上で提供する広告の種類と規模は随時変更されます。ユーザーは、KODAMAより本サービスへのアクセスとその利用について許諾を受けることの対価として、KODAMAおよびその第三者プロバイダーまたは パートナーが、本サービス上にまたは本サービスからのコンテンツや情報 (その提供者がユーザーであるか他の者であるかを問わず) の表示に伴い、広告を掲載することに同意するものとします。

2. プライバシー

ユーザーがKODAMAに提供する一切の情報には、KODAMAがユーザーの情報をどう収集し使用するかを定めた、KODAMAの「プライバシーポリシー」が適用されます。ユーザーは、本サービスを利用することをもって、このような情報を米国、およびその他の国々に転送することを含め、KODAMAによる保存、処理、使用のためにKODAMAが (プライバシーポリシーの定めに従って) この情報を収集し使用することを承諾するものとします。KODAMAは、ユーザーへの本サービス提供の一環として、サービスに関する案内や管理メッセージなどを通知しなければならない場合があります。これらの通信は、本サービスおよびユーザーのアカウントの一部と見なされ、ユーザーはこれらの通知の受信を拒否できないことがあります。

3. パスワード

ユーザーは、本サービスにアクセスするときに使うパスワードの管理、および自己のパスワードを使用した行為や操作について責任を負うものとします。アカウントにはセキュリティ性の高いパスワード (大文字、小文字、数字、記号を組み合わせたもの) を使用されることをお勧めします。KODAMAは、ユーザーがこれを遵守しないことに起因する損失や損害について、一切責任を負いません。

4. 本サービス上のコンテンツ

公的な投稿であるか私的な通信であるかを問わずすべてのコンテンツは、そのコンテンツの作成者が単独で責任を負うものとします。KODAMAは、本サービスを介して投稿されるコンテンツを監視または管理しない場合があり、そのようなコンテンツについて責任を負うことはできません。本サービスを介して投稿されたか、またはユーザーが取得したコンテンツやマテリアルへの依拠またはこれらの使用は、ご自身の責任において行ってください。

KODAMAは、本サービスを介して投稿されたいかなるコンテンツや通信内容についても、その完全性、真実性、正確性、もしくは信頼性を是認、支持、表明もしくは保証するも のではなく、また本サービスを介して表示されるいかなる意見についても、それらを是認するものではありません。ユーザーは、本サービスの利用を通じて、不快な、有害な、不正確なあるいは不適切なコンテンツ、また場合によっては、誤った表示がなされているかその他虚偽的な投稿に接する可能性があることを、理解しているものとします。KODAMAは、いかなる状況においても、コンテンツの誤りもしくは欠落、または本サービスを介して投稿、メール送信あるいは 転送もしくはその他の方法で利用可能となったコンテンツや他の場所に配信されたコンテンツの使用に起因する損失もしくは損害をはじめ (ただし、これらに限定されません) いかなるコンテンツについても一切責任を負いません。

5. ユーザーの権利

ユーザーは、本サービス上にまたは本サービスを介して、自ら送信、投稿、または表示するあらゆるコンテンツに対する権利を留保するものとします。ユーザーは、 本サービス上にまたは本サービスを介してコンテンツを送信、投稿、表示することをもって、媒体または配布方法 (既知のまたは今後開発されるもの) を問わず、かかるコンテンツを使用、コピー、複製、処理、改変、修正、公表、送信、表示および配布するための、世界的な非排他的ライセンスを (サブライセンスを許諾する権利と共に) KODAMAに対して無償で許諾するものとします。

このライセンスによって、ユーザーは、KODAMAや他の利用者に対し、KODAMAサービスにおけるご自身の発信を世界中で閲覧できるようにすることを認めたことになります。

ユーザーは、このライセンスに、KODAMAが本サービスを提供、宣伝および向上させるための権利が含まれること、ならびにコンテンツ利用に関するKODAMAの条件に従うことを前提として、本サービスに対しまたは本サービスを介して送信したコンテンツを、他の媒体やサービスで配給、配信、配布または公表することを目的として、KODAMAのパートナーとなっている他の会社、組織または個人に対して提供する権利が含まれることに、同意したものとします。

KODAMAは、エコシステムパートナーによるKODAMAサービス上のユーザーのコンテンツの取扱いについて、進化し続けるルールを定めています。これらのルールは、ユーザーの権利を尊重しつつオープンなエコシステムを実現するためのものです。ただし、ユーザーのコンテンツをユーザー自身が所有していることには変わりありません。ユーザーのコンテンツ (コンテンツには写真も含まれます) の所有権はユーザーにあります。

KODAMA、またはKODAMAのパートナーとなっている他の会社、組織または個人は、本サービスを介してユーザーが送信、投稿、転送または提供するコンテンツについて、ユーザーに報酬を支払うことなく上記のように追加的に利用できるものとします。

KODAMAは、ユーザーのコンテンツをコンピュータネットワーク上や様々な媒体において送信、表示、もしくは配布するために修正または改変できるものとし、さらに/またはネットワーク、端末、サービスまたは媒体の要件もしくは制限に適合させるために、必要に応じてユーザーのコンテンツに変更を加えることができるものとします。

ユーザーは、他の利用者やKODAMAの第三者パートナーがユーザーのコンテンツを使用した場合を含め、本サービスの利用、提供した一切のコンテンツ、およびそれらの結果について責任を負うものとします。ユーザーは、KODAMAのパートナーがユーザーのコンテンツを配給、配信、配布ま たは公表できることを理解しており、送信したコンテンツの利用について正当な権利を有していない場合には、責任を問われる可能性があることを理解しています。KODAMAによるユーザーのコンテンツの使用については、本規約に従った使用がなされている限り、KODAMAには責任がないものとします。 ユーザーは、自ら送信する一切のコンテンツにつき、本規約に基づき付与される権利を許諾するために必要なすべての権利および権限を有していることを表明し保証するものとします。

6. ユーザーが本サービスを利用するためのライセンス

KODAMAはユーザーに、本サービスの一環としてKODAMAが提供するソフトウェアを使用するための、個人的で世界的かつ譲渡不能の非排他的なライセンスを無償で許諾します。このライセンスの唯一の目的は、ユーザーがKODAMAの提供する本サービスを本規約に従った形で使用し、その恩恵を受けられるようにすることにあります。

7. KODAMAの権利

本サービス (利用者から提供されるコンテンツを除きます) に関するすべての権利、権原および利益は、KODAMAとそのライセンサーに排他的に帰属します。本サービスは米国と諸外国の双方の著作権法、商標法その他の法律により保護されています。本規約のいずれの内容も、ユーザーに対してKODAMAの名称またはKODAMAの商標、ロゴ、ドメイン名および ブランドとして特徴的なその他の要素を使用する権利を与えるものではありません。ユーザーがKODAMAまたは本サービスについて提供するフィードバック、意見または提案は、すべて完全に任意であり、KODAMAはこのようなフィードバック、意見または提案を、ユーザーに対して何ら義務を負うことなく、KODAMAが適切であると判断する方法で、自由に使用できるものとします。

8. コンテンツおよび本サービスの利用に対する制限

KODAMAは、いかなるときも、ユーザーに対して責任を負うことなく、本サービス上のコンテンツを削除しまたは配布を拒否し、利用者の利用停止または削除を行い、利用者名の返還を要求する権利を留保します (ただし、これは義務ではありません)。KODAMAはさらに、(i) 適用あるすべての法令や規則、法的手続や政府の要請へ対応し、(ii) 本規約を実施し (規約違反の疑いがある場合にその調査を含みます)、(iii) 不正利用、セキュリティもしくは技術的な問題を検知、防止もしくはその対処をし、(iv) 利用者からのサポート要請へ対応し、または (v) KODAMAやその利用者および社会全体の権利、財産もしくは安全を保護するために、KODAMAが必要と合理的に判断するすべての情報について、アクセス、閲覧、保存、および公開する権利を留保します。

KODAMAは、KODAMAのプライバシーポリシーの定めによる場合を除き、個人を特定するような情報を第三者に開示することはありません。

ユーザーは、本サービスへアクセスし、またはこれを利用している間、次のいずれをも行ってはならないものとします。(i) 本サービス、KODAMAのコンピュータシステムまたはKODAMAのプロバイダーのテクニカルデリバリーシステムの非公開部分にアクセスするか、これを改ざんまたは使用すること。(ii) いずれかのシステムやネットワークの脆弱性を調査、スキャン、テストすること、またはいずれかのセキュリティ手段や認証手段に違反したりこれを回避したりすること。(iii) KODAMAから提供されているKODAMAの現在利用可能な公開インターフェースを経由する (かつ、該当する使用条件に従う) ことなく、その他の何らかの手段 (自動その他を問わず) で本サービスへのアクセスもしくはその検索を行うか、またはアクセスもしくは検索を試みること。ただし、KODAMAと別途締結した契約によりこれを行うことが特に認められている場合はこの限りではありません (注: 本サービスのクローリングは、robots.txtファイルの定めによる場合には許されます。ただし、KODAMAの事前の承諾なしに本サービスのスクレイピングを行うことは明示的に禁じられています)。(iv) いずれかのメールもしくは投稿に含まれるTCP/IPパケットヘッダーもしくはヘッダー情報の一部を偽造すること、または方法の如何を問わず、改ざんされ た情報、詐欺的情報もしくは情報源を偽装した情報を送る目的で本サービスを利用すること。(v) 本サービスに対するウイルスの送信、オーバーロード、フラッディング、スパミング、メールの大量送信、または本サービスの妨害もしくは本サービスに過度の 負担を与えるべくコンテンツの作成をスクリプトすることを含むがこれらに限定されない方法により、いずれかの利用者、ホストまたはネットワークのアクセスを妨害または中断すること (あるいはそれを試みること)。

9. 著作権ポリシー

KODAMAは他者の知的財産権を尊重しており、本サービスの利用者にも同様に尊重することを期待しています。KODAMAは、適用ある法令に従って、かつ適切な方法でKODAMAに通知がなされた場合には、その著作権侵害容疑の通知に対応します。ご自身のコンテンツが著作権を侵害する手法でコピーされたと判断された場合は、KODAMAに対して次の情報を提供してください。(i) 著作権所有者または著作権所有者を正式に代理する者の物理的署名または電子署名。(ii) 侵害を受けたと主張する著作物を特定する情報。(iii) 著作権侵害を発生させているかまたは侵害行為の主体であると主張する、削除またはアクセス不能にすべき対象物を特定する情報、およびその対象物をKODAMAが探し出すために合理的に十分な情報。(iv) 住所、電話番号およびメールアドレスを含むご自身の連絡先情報。(v) 問題視している対象物の使用方法が、著作権所有者、その代理人、または法令により許されないものであるとご自身で誠実に判断している旨の表明。(vi) 通知の内容が正確であること、かつ、虚偽の供述を行うと偽証罪に問われることを承知の上で、ご自身が著作権所有者を代理する権限を有している旨の表明。

KODAMAは、予告なしで、かつユーザーに対して何らの責任を負うことなく、KODAMA独自の判断により侵害の疑いのあるコンテンツを削除する権利を留保します。また、いずれかの利用者が侵害行為を繰り返していると判断した場合、KODAMAは、適切な状況において、当該利用者のアカウントを削除します。米国デジタルミレニアム著作権法に基づき、本サービス上で発生する著作権侵害容疑の通知受付窓口は以下のとおりです。

Kodama & Company, Inc.
Attn: Copyright Agent
150 Spear Street, Suite 725
San Francisco, CA 94105-5112 U.S.A

フォーム: https://www.kodama.com/forms/dmca
メールアドレス: copyright2016@kodama.com

10. 本規約の終了

本規約は、以下のとおり、ユーザーまたはKODAMAのいずれかが解除しない限り、継続して適用されます。

ユーザーは、いつでも理由を問わず、または理由なく、アカウントを削除し本サービスの利用を中止することで、KODAMAとの法的契約を終了することができます。本サービスの利用を中止する際は、KODAMAに対し特に通知をする必要はありません。アカウントを削除することなく本サービスの利用を中止した場合、ユーザーのアカウントは、KODAMAの判断に基づいて、長期にわたり運営の痕跡がないことを理由に削除される場合があります。

KODAMAは、(i) ユーザーが本規約、もしくはKODAMAルールに違反し、(ii) ユーザーがKODAMAにリスクまたは法的責任を負わせる可能性を創出し、または (iii) KODAMAによるユーザーへの本サービスの提供が商業的に困難となった、とKODAMAが合理的に判断した場合を含めて (ただしこれらに限定されません)、いつでも理由の如何を問わず、または理由なく、ユーザーのアカウントを一時中止または削除するか、本サービスの全部または一部の提供を終了することができます。KODAMAは、ユーザーのアカウントに関連するメールアドレスに通知を送るか、ユーザーが次にアカウントにアクセスする際に通知するなどして、通知のための合理的な努力を行います。

上記のいずれの場合においても、本規約は、ユーザーが本サービスを利用するライセンスを含めて (ただしこれに限定されません) 終了します。ただし、第4項、5項、7項、8項、10項、11項および12項は引続き適用されるものとします。

本項の規定は、第1項に定められたとおり、本サービスの提供を事前の通知なしに変更、制限、または停止するKODAMAの権利を制限しないものとします。

11. 免責事項および責任の制限

本項の規定はKODAMAおよびその親会社、子会社、関連会社、取締役、役員、従業員、代理業者、代理人、パートナー、ライセンサー (以下、「KODAMA関係者」と総称します) の責任を制限するものですので、注意してお読みください。以下の各号の内容は、適用される法令の下で認められる最大限の範囲内においてのみ、適用されるものとします。一部の法域では黙示の保証責任や契約上の責任の限定を認めていない場合があり、その結果、本項の内容がご自身には適用されない可能性もあります。本項の内容は、ユーザーの有する権利で、法律上制限することを認められないものを制限しようとするものではありません。

A. 本サービスの提供は「現状有姿」で

本サービスやコンテンツへのアクセスや利用は、ご自身の責任において行ってください。ユーザーは、本サービスが「現状有姿」かつ「提供可能な限度」で提供されることを理解し、これに同意するものとします。上記の内容を制限することなく、適用される法令の下で認められる最大限の範囲において、KODAMA関係者は、明示・黙示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および権利侵害の不存在についての一切の保証または条件を否認します。

KODAMA関係者は、(i) 本サービスまたはいずれかのコンテンツの完全性、正確性、利用可能性、適時性、安全性もしくは信頼性、(ii) 本サービスまたはいずれかのコンテンツへのアクセスまたは利用に起因する、コンピューターシステムの障害、データの損失またはその他の損害、(iii) 本サービスによって維持されるコンテンツやその他の情報の削除、あるいは保存や送信の失敗、および (iv) 本サービスがユーザーの必要とする条件を満たしていること、または中断なく、安全に、エラーなしで利用できること、のいずれについても、いかなる保証または表明をも行わず、これらに対する一切の責任を否認します。KODAMA関係者から直接にまたは本サービスを通じて得た助言や情報は、それが口頭または書面によるかを問わず、いかなる場合においても本規約で明示的になされていない新たな保証または表明を構成するものではありません。

B. リンク

本サービスには第三者のウェブサイトまたはリソースへのリンクが含まれることがあります。ユーザーは、KODAMA関係者が (i) このようなウェブサイトやリソースの利用可能性または正確性、または (ii) このようなウェブサイトやリソースから入手できるコンテンツ、商品、またはサービスについて、何ら責任を負わないことに同意するものとします。このような ウェブサイトやリソースへのリンクが存在することは、KODAMA関係者がこれらのウェブサイトもしくはリソース、またはそこから入手できるコンテンツ、商品もしくはサービスを支持することを黙示的に示唆するものではありません。ユーザーは、これらのウェブサイト、またはリソースを利用することにつき、単独で責任を負い、これに伴うすべてのリスクを引き受けるものとします。

C. 限定責任

KODAMA関係者は、(i) ユーザーによる本サービスへのアクセスもしくはその使用、またはユーザーが本サービスへのアクセスもしくはその利用ができないこと、(ii) 本サービス上の第三者の行為またはコンテンツ (他の利用者や第三者の名誉毀損行為、侮辱的な行為あるいは違法な行為を含みますが、これらに限定されません)、(iii) 本サービスから取得した一切のコンテンツ、および (iv) ユーザーが送信した内容やコンテンツへの無断のアクセス、使用、または変造、のいずれかに起因する間接的損害、付随的損害、特別損害、派生的損害、もしくは懲罰的賠償または逸失利益 (それが直接的に発生するか間接的に発生するかを問わず)、あるいはデータ、利用可能性もしくはのれんの喪失またはその他の無形的な損害については、適用される法令が認める最大限の範囲で、責任を負わないものとします。

いかなる場合においても、KODAMA関係者の責任総額は、100米ドルもしくは請求の原因となった本サービスにつきユーザーが過去6ヶ月間にKODAMAへ支払った金額のうち、多い方の額を超えないものとします。

本号で定める責任の制限は、責任の原因が保証に起因するか、契約によるか、法定であるか、不法行為 (過失を含む) によるか、その他の原因によるかを問わず、またKODAMA関係者が損害発生の可能性について知らされていたか否かを問わず、本規約に定める救済手段がその本来の目的を果たせないことが判明した場合にも適用されるものとします。

12. 一般条件

A. 権利放棄および可分性

KODAMAが本規約のいずれかの権利または規定の強制執行を行わない場合にも、これをもってその権利または規定が放棄されたとは見なされません。本規約のいずれかの規定が無効あるいは強制執行不能と判断された場合、その規定の効力は必要最小限の範囲で制限されるかまたは失われ、本規約中のその他の規定は引き続き完全な効力を有するものとします。

B. 準拠法および裁判管轄

本規約およびそれに関連して行われる法的行為は、米国カリフォルニア州法の抵触法に関する規定またはご自身の居住している州もしくは国にかかわらず、米国カリフォルニア州の法に準拠するものとします。本サービスに関連する一切の請求、法的手続または訴訟は、米国カリフォルニア州サンフランシスコ郡の連邦裁判所または州裁判所においてのみ提起されるものとし、ユーザーはこれらの裁判所の管轄権に同意し、不便宜法廷地に関する一切の異議を放棄するものとします。

ユーザーが、米国の連邦政府、州政府または地方自治体の機関であり、その公的な地位に基づき本サービスを利用し、上記の準拠法の指定や合意管轄裁判所または法廷地に関する規定につき法的に同意できない場合、それらの規定はご自身に適用されないものとします。このような米国の連邦政府機関である場合、本規約およびこれに関する法的行為は、アメリカ合衆国の法令 (抵触法の規定を除く) の適用を受けるものとし、適用すべき連邦法が存在しない場合には、連邦法において認められる範囲に限りカリフォルニア州法 (準拠法の選択を除く) の適用を受けるものとします。

C. 完全合意

本規約、およびKODAMAの「プライバシーポリシー」は、本サービス (これらの規約に追加的な契約あるいは代替する契約であることが明示されている契約をKODAMAと別途に締結しているサービスを除きます) に関する、KODAMAとユーザーとの間の完全かつ排他的な合意を構成するものであり、本サービスに関するKODAMAとユーザーとの間の従前のいかなる合意にも優先し、これに取って代わるものとします。KODAMAを親会社とする企業グループに属する者以外は、いかなる自然人または法人も本規約の第三者受益者とはなり得ません。

KODAMAは、必要に応じて本規約を改定することがありますが、最新版は常に本ページでご覧になれます。実施される改定が、KODAMAの独自の判断において重大であるとされた場合、ユーザーのアカウントで登録されたメールアドレス宛てのメールでお知らせする場合があります。本規約の改定が発効した後に本サービスへのアクセスまたは本サービスの利用を継続した場合には、改定された本規約に拘束されることに同意したことになります。

本規約はユーザーと Kodama & Company, Inc., 150 Spear Street, Suite 725, San Francisco, CA 94105, United States の間で結ばれる契約です。

発効日: 2016年1月27日